風評被害対策のやり方|ホームページ制作はプロにおまかせ!アクセス数大幅アップのテク

誤情報削除や正しい情報の公開もマスト~風評被害対策のイロハ~

風評被害対策のやり方

ノートPC

インターネット上の風評被害とは

インターネットが発達して、誰もが自由に自分の意見を発表することができるようになりました。しかし、その副作用として、風評被害が巻き起こることも少なくありません。ネット上の風評被害の多くが、個人による間違った情報の流布になります。間違った情報を多くの人が目にして信じてしまい、結果として企業や個人の経済的自由をも脅かすのです。

被害が出る前に対策を取る

誤情報は、大勢の人に拡散してしまったら取り返しのつかないこととなります。一度偽の情報を信じてしまった人が考えを修正することは稀です。一回そうだと思いこんでしまうと、それが行動にも反映されるようになるのです。悪いことをしている企業だと一回刷り込まれてしまえば、正しい情報を与えられたところで、その企業に対するイメージはほとんど回復しません。積極的に買い控えをするなどの行動を続けます。ですから、被害が拡散する前に手を打つことが大事になるのです。

風評被害対策は専門業者に任せると安心!

風評被害対策は、個人ではできることに限りが出てきます。ネットで誤情報が拡散されるケースが多いのですが、個人ならまずどこで誤情報が出回っているのか、それすらも完璧に把握することができません。ですから、さらにその上で有効な対策を講じることは、ほぼ不可能に近いはずです。自分一人でやろうとしても、時間が無駄になるだけでしょう。多くの人手と専門的知識が必要になるので、ある程度以上の規模を誇る風評被害対策専門業者に相談するしかありません。専門業者は、効率よく誤情報の捕捉をしてくれますし、サイト運営者に削除の指示も出してくれます。時には裁判をして、誤情報の出どころとなった当の本人に責任を求めることもあります。

専門業者の選び方

風評被害対策で最も重要になるのは、経験です。過去にどんな仕事をしてきたのかで業者を選ぶのが、一番間違いを少なくする方法になるはずです。経験が豊富だと、どこに情報が出回っているのかも直感である程度絞り込めます。削除の方法も熟知していると、誤情報が消されるまでの時間が短縮できます。正しい情報で誤情報を書き換える手法等にも熟知しているはずなので、昔から風評被害対策をしてきている業者を選ぶようにしましょう。弁護士や警察との連携を取ってくれる業者も、信頼に値しますね。すべて自分たちでやるのではなく、公的機関を巻き込んで被害の回復に努めてくれるような業者だと、経済的なダメージも最小限に抑えられます。政府と連携を取ってくれるような大手なら、公的資金で損失の穴埋めができる可能性も出てきます。

プロが行う!風評被害への対策方法ランキング

no.1

誤情報の削除依頼をするのが基本中の基本

一般の人が意見を書く場所は、ある程度決まっています。掲示板やSNS、動画やブログのコメント欄が多いですから、まずは問題のある発言を見つけたら削除依頼をするのが基本です。削除してしまえば、誤情報が拡散することを防げます。

no.2

公式ホームページで正しい情報の公開をする

誤情報がある程度拡散されてしまっている場合は、正しい情報で上書きする作業が必要になります。公式ホームページに正しい情報を掲載することは、非常に重要です。メディアの力を借りて、正しい情報の流布に努めるのも正解ですね。

no.3

サジェスト汚染がされている場合はその解消も重要

多くの人がそのワードを使ってコメントをしたり検索をしたりすると、サジェストに誤情報が出て来るようになります。サジェスト汚染は、放置しておくと風評被害がどんどん酷くなっていくばかりなので、この削除も重要です。

個人を相手取って裁判をするのも有効

優先順位は低いのですが、誤情報を流している個人を相手取って裁判をするのもありでしょう。裁判をされた本人はそれ以降誤情報を書き込むことがなくなります。また、訴えられることを恐れて、大勢の人が誤情報の流布をストップする可能性があります。いたずら目的の場合などは、これだけで問題が解決するケースもあります。

広告募集中